menu

関西棋院ニュース

1月25日 ライブ解説中継のお知らせ

ネット中継 棋戦情報

 1月25日(水)10時より、「第67期関西棋院第一位決定戦 本戦2回戦」呉柏毅五段阿部良希四段戦のライブ解説中継を行います。
 昨年、呉五段は棋聖戦Bリーグへの昇格を決めるなど22勝を挙げる活躍をみせ、阿部四段は新人王戦ベスト8、テイケイ杯俊英戦で2年連続本戦リーグ入りを果たすなど、ともに体力・気力がみなぎる元気な26歳という同年代対決です。
 バイタリティー溢れる一戦にご注目ください!
 解説を担当するのは、一度は車掌さんになってみたいという佐田篤史七段です。

関西棋院囲碁ネット「まいど!」でご観戦いただけますので応援しながらお楽しみください!

「囲碁ネット中継」のページはこちら(毎週、注目局をお届けしています)

※観戦をお楽しみいただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


「第2回テイケイ杯女流レジェンド戦」小西和子八段が優勝

棋戦情報

 45歳以上かつ女流棋戦タイトル獲得経験棋士・開催前年の七大タイトル戦+女流棋戦における獲得賞金ランキング上位棋士とで争われる、「第2回テイケイ杯女流レジェンド戦」【主催:日本棋院、協賛:テイケイ株式会社】の決勝戦が、12月24日(土)に囲碁・将棋チャンネル「竜星スタジオ」(東京都千代田区)で行われました。

 小西和子八段は予選を勝ち上がり本戦入りした後、1回戦(対吉原由香里六段)、2回戦(対榊原史子六段)、準決勝(対大澤奈留美五段)と勝ち進み、決勝戦に進出。
 決勝戦の相手、桑原陽子六段とは2006年(25期女流本因坊戦の準決勝)以来の対戦となりましたが、小西八段が黒番中押し勝ちし見事優勝、初のタイトル獲得となりました!


12月21日 ライブ解説中継のお知らせ

ネット中継 棋戦情報

 12月21日(水)10時より、「第67期関西棋院第一位決定戦 本戦1回戦」苑田勇一九段熊木煕弥初段戦のライブ解説中継を行います。
 昨年創設された第1回テイケイ杯レジェンド戦で見事優勝を果たし、進行中の第2回も本戦入りを決めている苑田勇一レジェンドは言わずと知れた西の宇宙流。
 対するは、今年入段してから11勝5敗と安定した成績を収めている将来有望な熊木煕弥初段。
 ベテランVS若手の火花散る一戦にご注目ください!
 解説を担当するのは、熊木初段の師匠、黒霧島のサーバーが家にある藤原克也六段です。

 関西棋院囲碁ネット「まいど!」でご観戦いただけますので応援しながらお楽しみください!

「囲碁ネット中継」のページはこちら(毎週、注目局をお届けしています)

※観戦をお楽しみいただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


関西囲碁オープントーナメント2022、関西棋院棋士5名が優勝

棋戦情報

12月4日(日)、11日(日)の2日間にかけて、「関西囲碁オープントーナメント2022」決勝ラウンドが大阪新阪急ホテル(大阪市北区)で行われ、日本棋院関西総本部および関西棋院の所属棋士と関西在住のトップアマチュアが賞金ランキング別のクラス(全5クラス8名ずつ、計40名が出場)で争いました。

各クラスの優勝・準優勝者は以下の通りです。

トップクラス
優 勝:村川大介九段(関西棋院)
準優勝:井山裕太本因坊(日本棋院)

Aクラス
優 勝:谷口 徹五段(関西棋院)
準優勝:武井孝志八段(日本棋院)

Bクラス
優 勝:畠中星信五段(関西棋院)
準優勝:鳥井裕太三段(日本棋院)

Cクラス
優 勝:髙嶋湧吾四段(関西棋院)
準優勝:坂井健太郎二段(関西棋院)

Dクラス
優 勝:渡辺寛大二段(関西棋院)
準優勝:三戸秀平二段(日本棋院)

◆関西囲碁オープントーナメント2022特設サイトはこちら

【主  催】日本棋院
【特別協賛】阪急電鉄株式会社
【協  力】関西棋院、阪急阪神ホテルズ

「関西囲碁オープントーナメント」は阪急電鉄株式会社様のご協賛により、コロナ禍救済支援を目的として創設された棋戦(非公式戦)です。


台湾棋院VS関西棋院 若手棋士ネット対抗戦2022

ネット中継 日台対抗戦 棋戦情報

12月12日(月)・13日(火)・16日(金)の3日間にわたり、関西棋院・台湾棋院の若手棋士、延べ30名が参加する「台湾棋院VS関西棋院 若手棋士ネット対抗戦2022」を行います。(協力:パンダネット

関西棋院と台湾棋院の交流を兼ねて2004年から始まった対抗戦は、例年日本と台湾で1年ごとに交互に開催してまいりました。
今年2022年は日本での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により台湾チームを日本に招待することが難しく、2020-21年と同様にネット対局による対抗戦に形を変えての開催となりました。

各日、両棋院を代表する新進気鋭の若手棋士たちが登場します。
また、関西棋院の藤田怜央初段(9歳)と台湾棋院の鄭予皓初段(10歳)の二人による史上最年少入段棋士同士の注目対局も行われます。
当日は特設ページにて熱戦の模様をご観戦いただけます、どうぞお楽しみに!

◆13時30分対局開始(台湾時間では12時30分)
◆持ち時間は各1時間30分(残り5分から1分単位の秒読み)

⇒「台湾棋院VS関西棋院 若手棋士ネット対抗戦」特設ページはこちら


佐田篤史七段、初の名人戦リーグ入り

プロ棋士 棋戦情報

 先週11月17日(木)、黄金の椅子と呼ばれるリーグ戦3枠を争う「第48期名人戦 最終予選決勝」3局が一斉に行われました。

 関西棋院勢唯一の決勝進出者となった佐田篤史七段は、前期リーグ戦出場者の伊田篤史九段との日本棋院中部総本部(愛知県名古屋市)での対局に臨みました。

 両対局者の名前が人偏まで同じということでより注目を集めた対局でしたが、結果は佐田篤史七段が223手までで黒番中押し勝ちをおさめ、初の名人戦リーグ入りを決めました。

 総勢9名で争われるリーグ戦は12月8日に開幕し来年8月まで総当たり戦で行われ、優勝者が芝野虎丸名人への挑戦権を獲得します。
 関西棋院からは前期リーグで残留を果たした余正麒八段(3期連続5期目)と、佐田篤史七段の2名が臨みます。

【第48期名人戦リーグ出場者】
(序列順)
井山裕太本因坊
一力 遼棋聖
山下敬吾九段
志田達哉八段
④余 正麒八段
許 家元十段
張  栩九段
富士田明彦七段
⑦佐田篤史七段


「第70期王座戦」挑戦手合五番勝負第三局

棋戦情報

 11月18日(金)、井山裕太王座余正麒八段が挑戦する「第70期王座戦」挑戦手合五番勝負の第三局がホテルオークラ神戸(兵庫県神戸市)で行われました。結果は白番の井山裕太王座が中押し勝ちを収め、シリーズ成績3勝0敗でタイトルを防衛しました。2期連続8度目の王座獲得となります。

【終局時刻】17時45分 180手完

【消費時間】黒:2時間58分(残り時間2分) 白:2時間58分(残り時間2分)

 

【主  催】日本経済新聞社日本棋院、関西棋院

 

⇒ 棋譜をパソコンでご覧になる方はこちら(中野泰宏九段の解説付き)

⇒ 棋譜をスマホでご覧になる方はこちら(中野泰宏九段の解説付き、さらに一手ごとの形勢判断やAI評価値もご覧いただけます)

※棋譜をご覧いただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


「第70期王座戦 挑戦手合五番勝負第三局」ライブ解説中継のお知らせ

ネット中継 棋戦情報

 11月18日(金)、ホテルオークラ神戸(神戸市)にて「第70期王座戦 挑戦手合五番勝負第三局」が行われます。
 井山裕太王座(日本棋院)の2勝で迎えた第三局、決着局となるのか余正麒八段(関西棋院)巻き返しの一局となるのかご注目ください!

【主  催】日本経済新聞社日本棋院、関西棋院

 

≪ライブ解説中継のお知らせ≫

 当日、対局開始時刻の10時よりライブ解説中継を行いますのでぜひお楽しみください。
 解説を担当するのは、津軽三味線、合気道が趣味の中野泰宏九段です。

関西棋院囲碁ネット「まいど!」でご観戦いただけますので、解説を楽しみながら応援をお願いします!

⇒ パソコンでご覧になる方はこちら(中野泰宏九段の解説付き)

⇒ スマホでご覧になる方はこちら(中野泰宏九段の解説付き、さらに一手ごとの形勢判断やAI評価値もご覧いただけます)

「囲碁ネット中継」のページはこちら(毎週、注目局をお届けしています)

※観戦をお楽しみいただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


「第70期王座戦」挑戦手合五番勝負第二局

棋戦情報

 11月11日(金)、井山裕太王座余正麒八段が挑戦する「第70期王座戦」挑戦手合五番勝負の第二局がウェスティン都ホテル京都(京都府京都市)で行われ、黒番の井山裕太王座が第一局に続き半目差の接戦を制し連勝しました。

【終局時刻】19時11分 260手完

【消費時間】黒:2時間59分(残り時間1分) 白:2時間59分(残り時間1分)

 つづいて第三局は11月18日(金)、ホテルオークラ神戸(兵庫県神戸市)で行われます。
 当日は佐田篤史七段、吉田美香八段による大盤解説会を行いますので、ぜひ会場まで足をお運びください。
 ⇒詳細はこちらからどうぞ、事前にお申込いただけます

 

【主  催】日本経済新聞社日本棋院、関西棋院

 

⇒ 棋譜をパソコンでご覧になる方はこちら(関山利道九段の解説付き)

⇒ 棋譜をスマホでご覧になる方はこちら(関山利道九段の解説付き、さらに一手ごとの形勢判断やAI評価値もご覧いただけます)

※棋譜をご覧いただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


「第70期王座戦 挑戦手合五番勝負第二局」ライブ解説中継のお知らせ

ネット中継 棋戦情報

 11月11日(金)、ウェスティン都ホテル京都(京都市)にて「第70期王座戦 挑戦手合五番勝負第二局」が行われます。
 第一局は余正麒八段(関西棋院)に1目半の差をつけた井山裕太王座(日本棋院)が接戦を制しました。近年は接戦での決着が増えてきている両者の対決、第二局もご注目ください!

【主  催】日本経済新聞社日本棋院、関西棋院

 

≪ライブ解説中継のお知らせ≫

 当日、対局開始時刻の10時よりライブ解説中継を行いますのでぜひお楽しみください。
 解説を担当するのは、かに座のO型、いつも明るくほがらかな関山利道九段です。

関西棋院囲碁ネット「まいど!」でご観戦いただけますので、解説を楽しみながら応援をお願いします!

⇒ パソコンでご覧になる方はこちら(関山利道九段の解説付き)

⇒ スマホでご覧になる方はこちら(関山利道九段の解説付き、さらに一手ごとの形勢判断やAI評価値もご覧いただけます)

「囲碁ネット中継」のページはこちら(毎週、注目局をお届けしています)

※観戦をお楽しみいただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


« 古い記事



ご案内

  • プロ棋戦
  • 棋士紹介
  • 囲碁ネット中継
  • プロの直接始動!指導碁
  • こども囲碁道場
  • 囲碁文化継承基金
  • 入門講座
  • 会員専用コンテンツ
  • 囲碁大会・イベント