menu

関西棋院ニュース

関西囲碁将棋記者クラブ賞、村川九段など表彰

プロ棋士

10月2日(金)、第28回関西囲碁将棋記者クラブ賞の表彰式が関西将棋会館(大阪市福島区)で執り行れました。関西棋院からは村川大介九段が囲碁部門で選出され、同じく囲碁部門で特別賞を受賞した仲邑菫初段(日本棋院)、将棋部門で選出された豊島将之竜王と共に表彰されました。

受賞した感想を聞かれた村川九段は
「棋士にとって有名な賞ですが、関西には井山先生がいらっしゃるので自分には縁がないものと思っていました。井山先生は12回も受賞されているのでたまには譲っていただいてもよいかなと、記者の皆様の優しさにより選んでいただき感謝しています。2019年は勝星は多くありませんでしたが、十段のタイトルを獲得するなど自分のキャリアの中でも自己ベストに近い成績を残すことができました。今回受賞することができ光栄に思います。」と語りました。

また同年代の豊島竜王との接点について聞かれた村川九段は、7・8年前に井山三冠と一緒に東京駅にいた際に豊島竜王とばったり出会い、新幹線で3人横に並んで大阪まで帰った話を披露。
豊島竜王は「その時のお二人の様子からお互いに認め合っているのが伺えた」と話しました。

今後の目標を聞かれた村川九段は、直近の目標として国際棋戦である農心杯で結果を残したいと意気込みました。
第一線で戦い続ける村川九段から今後も目が離せません。

 

 


引退のお知らせ

プロ棋士

紙谷哲雄七段(引退八段)、2020年10月1日付けで引退。

紙谷哲雄八段プロフィール


第45期棋聖戦Sリーグ、村川大介九段は3位残留

プロ棋士 棋戦情報

9月24日(木)、「第45期棋聖戦 Sリーグ」の最終第5局が2戦行われ全日程が終了しました。
結果は村川大介九段を含めた上位4名が3勝2敗で並ぶ混戦となり、順位の差によりリーグ序列1位の河野臨九段、2位の高尾紳路九段の2名が挑戦者決定トーナメント進出となりました。
惜しくも挑決トーナメント進出とはならなかった村川九段ですが、最上位リーグ残留となり来期に望みをつなげました。

 

村川大介九段
【棋聖戦リーグ在籍記録】

◆第38期棋聖戦リーグ(4勝1敗-残留)※挑戦者決定戦進出
◆第39期棋聖戦リーグ(4勝1敗-残留)※挑戦者決定戦進出
◆第40期棋聖戦Sリーグ(3勝2敗-残留)※挑戦者決定トーナメント戦進出
◆第41期棋聖戦Sリーグ(3勝2敗-残留)
◆第42期棋聖戦Sリーグ(2勝3敗-降格)
◆第43期棋聖戦Aリーグ(5勝2敗-昇格)※挑戦者決定トーナメント戦進出
◆第44期棋聖戦Sリーグ(3勝2敗-残留)
◆第45期棋聖戦Sリーグ(3勝2敗-残留)


呉柏毅五段が棋聖戦Bリーグに昇格

プロ棋士 棋戦情報

9月24日(木)、「第45期棋聖戦 Cリーグ5回戦(最終局)」沼舘沙輝哉六段呉柏毅五段の対局が日本棋院東京本院で行われました。

結果は呉五段が黒番中押し勝ちし、4勝1敗の成績で今期のリーグ戦を打ち終えました。
これにより呉五段は来期Bリーグへの昇格が決まり、前期Bリーグからの降格後即復帰となりました。

呉柏毅五段
【棋聖戦リーグ在籍記録】

◆第41期棋聖戦Cリーグ(2勝3敗-陥落)
◆第42期棋聖戦Cリーグ(3勝2敗-残留)
◆第43期棋聖戦Cリーグ(4勝1敗-昇格)
◆第44期棋聖戦Bリーグ(2勝5敗-降格)
◆第45期棋聖戦Cリーグ(4勝1敗-昇格)


関西棋院第一位決定戦、村川大介九段が挑戦者に

プロ棋士 棋戦情報

9月17日(木)、「第64期関西棋院第一位決定戦 挑戦者決定戦」村川大介九段瀬戸大樹八段の対局が関西棋院で行われました。

結果は村川九段が192手までで白番中押し勝ちを収め、挑戦手合進出を決めました。
(村川九段は54期、55期、56期、60期に続き4期ぶり5回目の関西棋院第一位挑戦手合出場。第一位のタイトルは54期に1度獲得。)

余正麒第一位との挑戦手合三番勝負は10月1日(木)に行われる第1局を皮切りに開幕します。

【主  催】山陽新聞社、関西棋院

棋譜はこちらからご覧いただけます

※棋譜をご覧いただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


昇段のお知らせ

プロ棋士

藤井秀哉七段、勝星対象棋戦通算150勝により2020年9月10日付けで八段に昇段。

藤井秀哉八段プロフィール


余正麒八段が棋聖戦Sリーグに初の昇格

プロ棋士 棋戦情報

9月7日(月)、「第45期棋聖戦 Aリーグ第7局(最終局)」山下敬吾九段余正麒八段の対局が日本棋院東京本院で行われました。

結果は余八段が191手までで黒番中押し勝ちをおさめ、山下敬吾九段、大西竜平七段に並ぶ5勝2敗の成績で今期のリーグ戦を打ち終えました。
余八段はリーグ序列1位の山下九段に順位の差で敗れ、惜しくも挑戦者決定トーナメント戦進出とはなりませんでしたが、2位の位置を死守し初のSリーグ昇格を決めました。

余正麒八段
【棋聖戦リーグ在籍記録】

◆第40期棋聖戦Cリーグ(4勝1敗-昇格)
◆第41期棋聖戦Bリーグ(5勝2敗-残留)
◆第42期棋聖戦Bリーグ(5勝2敗-昇格)※挑戦者決定トーナメント戦進出
◆第43期棋聖戦Aリーグ(5勝2敗-残留)
◆第44期棋聖戦Aリーグ(4勝3敗-残留)
◆第45期棋聖戦Aリーグ(5勝2敗-昇格)


洪爽義三段が棋聖戦Cリーグ優勝、挑戦者決定トーナメント戦に進出

プロ棋士 棋戦情報

9月7日(月)、「第45期棋聖戦 Cリーグ5回戦(最終局)」全勝者同士の対決となった瀬戸大樹八段洪爽義三段の対局が関西棋院で行われました。

結果は洪三段が277手までで黒番中押し勝ちをおさめ優勝、初の挑戦者決定トーナメント戦進出を決めました。


洪爽義三段
【棋聖戦リーグ在籍記録】

◆第45期棋聖戦Cリーグ(5勝0敗-昇格)※挑戦者決定トーナメント戦進出


昇段のお知らせ

プロ棋士

佐田篤史四段、第76期本因坊リーグ入りにより2020年9月1日付けで七段に昇段。

佐田篤史七段プロフィール


佐田篤史四段が本因坊リーグ入り、七段に昇段

プロ棋士 棋戦情報

8月31日(月)、「第76期本因坊戦 最終予選決勝」余正麒八段佐田篤史四段の対局が関西棋院で行われました。

結果は佐田四段が156手までで白番中押し勝ちをおさめ、初のリーグ入りを決めました。
本因坊リーグ入りした佐田四段は、規定に基づき2020年9月1日付けで七段に昇段となります。


« 古い記事



ご案内

  • プロ棋戦
  • 棋士紹介
  • 囲碁ネット中継
  • プロの直接始動!指導碁
  • 囲碁文化継承基金
  • 入門講座
  • 会員専用コンテンツ
  • 囲碁大会・イベント
  • ユーチューブ