menu

関西棋院ニュース

「プロ棋士ペア碁選手権2022」奥田あや四段・佐田篤史七段ペアが優勝!

お知らせ プロ棋士

3月21日(月・祝)、セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)で「プロ棋士ペア碁選手権2022」の決勝戦が行われました。

主催:公益財団法人 日本ペア碁協会

謝依旻七段本木克弥八段ペアと奥田あや四段佐田篤史七段ペアの組み合わせとなった決勝戦を制したのは、奥田四段・佐田七段ペアでした!

2年前の「プロ棋士ペア碁選手権2020」でも村川大介九段とのペアで優勝している奥田四段に、またもや関西棋院棋士の佐田七段を優勝へと導いていただきました!

 


昇段のお知らせ

プロ棋士

西山静佳初段、勝星対象棋戦通算30勝により2022年2月3日付けで二段に昇段。

西山静佳二段プロフィール


入段のお知らせ

プロ棋士

熊木熙弥(くまき てるや)初段、2022年2月1日付けで入段。
16歳、滋賀県出身。藤原克也六段門下。

熊木熙弥初段プロフィール

 


「第49回関西棋院賞」選考結果のお知らせ

お知らせ プロ棋士

2022年1月28日(金)に開催されました関西棋院賞選考委員会において、関西棋院賞受賞者が以下の通り決定いたしました。
(2021年1月1日から12月31日までの成績を対象に選考)
表彰式は3月18日に開催を予定しております。

 

最優秀棋士賞【 1年間で最も活躍した棋士に贈られる 】
・・・余 正麒八段(26歳) 5回目(2年連続)

利仙賞(敢闘賞)【 最優秀棋士賞に準ずる賞 】
・・・佐田篤史七段(26歳) 3回目(3年連続)

道玄賞(殊勲賞)【 利仙賞に準ずる賞(対象者は八段以下)】
・・・瀬戸大樹八段(37歳) 9回目(2年連続)

新人賞【 六段以下で、26歳未満または入段後3年以内の棋士(再選不可)】
・・・今分太郎二段(21歳)

連勝賞【 1年間(前々年から前年に続く連勝も含む)の最多連勝者 】
・・・該当者なし

山野賞【 普及に貢献した棋士に贈られる 】
・・・古谷 裕八段(43歳) 初

永井賞【 30歳未満の優秀棋士に贈られる 】
・・・西 健伸五段(22歳) 3回目(2年連続)

吉田賞【 交流対局(国際棋戦含)において、10勝以上の最多勝者に贈られる 】
・・・余 正麒八段(26歳)27勝 7回目(7年連続)

谷口賞【 26歳未満の若手棋士に贈られる激励賞 】
・・・谷口 徹五段(25歳) 初


大和ハウス杯第60期十段戦、余正麒八段が挑戦者に

プロ棋士 棋戦情報

1月27日(木)、許家元十段への挑戦権を争う「大和ハウス杯第60期十段戦」の本戦決勝(挑戦者決定戦)余正麒八段佐田篤史七段戦の対局が関西棋院で行われました。

結果は余正麒八段が319手までで黒番3目半勝ちを収め、5年ぶり2度目の十段挑戦を決めました。

挑戦手合五番勝負の予定は以下の通りです。

【対 局 者】許 家元 十段(日本棋院)- 余 正麒 挑戦者(関西棋院)

<第1局>
対局日:3月1日(火)
対局場:大阪商業大学(東大阪市)

<第2局>
対局日:3月23日(水)
対局場:Hotel & Resorts NAGAHAMA(滋賀県長浜市)

<第3局>
対局日:4月7日(木)
対局場:ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん(長野県大町市)

<第4局>
対局日:4月18日(月)
対局場:日本棋院東京本院(東京都千代田区)

<第5局>
対局日:4月26日(火)
対局場:関西棋院(大阪市中央区)

【主  催】産経新聞社日本棋院、関西棋院
【特別協賛】大和ハウス工業株式会社

棋譜はこちらからご覧いただけます-PC版(関山利道九段の解説付き)
棋譜はこちらからご覧いただけます-スマホ版(関山利道九段の解説付き)

※棋譜をご覧いただくには、無料の対局・観戦専用ソフト(PANDA-EGG)またはスマートフォンアプリ「パンダネット(囲碁)」が必要です。

<PC版>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら

<スマホ>ダウンロードの方法とセットアップについてはこちら


昇段のお知らせ

プロ棋士

新谷洋佑二段、勝星対象棋戦通算40勝により2022年1月27日付けで三段に昇段。

新谷洋佑三段プロフィール


結城聡九段、公式戦通算1300勝を達成!

プロ棋士

 1月20日(木)、「第78期本因坊戦」予選Aの対局、結城聡九段-三根康弘四段戦が行われる予定でしたが、三根康弘四段が体調不良による病欠の為、結城聡九段の不戦勝となりました。
 これにより結城聡九段は、林海峯名誉天元、趙治勲名誉名人、小林光一名誉棋聖、大竹英雄名誉碁聖に続き史上5人目、関西棋院棋士としては初となる公式戦通算成績1300勝を達成しました。(通算成績=1300勝575敗2ジゴ)

 なお達成時の記録は、これまでの最年少記録、入段からの最速記録、最高勝率記録をいずれも更新する歴代1位の記録となります。

 【達成時年齢】49歳11ヶ月 ※2位は趙治勲名誉名人の51歳11ヶ月
 【入段後年月】37年10ヶ月 ※2位は趙治勲名誉名人の40年2ヶ月
 【達成時勝率】6割9分3厘 ※2位は小林光一名誉棋聖の6割6分4厘

結城九段のコメント
「よくここまで積み重ねてこられたという感じ、どうやって勝ってきたのか不思議な感覚があります。最近は1勝するのも大変ですけど、勝星は意識せずこれからもコツコツとやっていきます。偉大な先生方に名を連ねることができて光栄に思います。」

⇒結城聡九段のプロフィールはこちら


昇段のお知らせ

プロ棋士

≪2021年賞金ランキング昇段≫

四段から初段の棋士が対象で、2021年の賞金ランキング上位の下記3名が2022年1月1日付けでの昇段となります。
※2021年に勝星により昇段した棋士は対象から外れます。

★洪 爽義四段、五段に昇段
(2021年賞金ランキングー対象棋士中第一位)
 洪 爽義五段プロフィール

★田中康湧二段、三段に昇段
(2021年賞金ランキングー対象棋士中第二位)
 田中康湧三段プロフィール

★辻 篤仁二段、三段に昇段
(2021年賞金ランキングー対象棋士中第三位)
 辻 篤仁三段プロフィール

 


昇段のお知らせ

プロ棋士

渡辺由宇二段、勝星対象棋戦通算40勝により2021年12月23日付けで三段に昇段。

渡辺由宇三段プロフィール


昇段のお知らせ

プロ棋士

田口美星初段、勝星対象棋戦通算30勝により2021年11月18日付けで二段に昇段。

田口美星二段プロフィール


« 古い記事

ご案内

  • プロ棋戦
  • 棋士紹介
  • 囲碁ネット中継
  • プロの直接始動!指導碁
  • 囲碁文化継承基金
  • 入門講座
  • 会員専用コンテンツ
  • 囲碁大会・イベント
  • ユーチューブ