menu

関西棋院ニュース

余正麒八段が名人リーグ即復帰、トリプルリーガーに

プロ棋士 棋戦情報

11月11日(木)、「第47期名人戦 最終予選決勝」余正麒八段富士田明彦七段(日本棋院)の対局が関西棋院で行われました。

結果は余八段が173手まで黒番中押し勝ちをおさめ、前期リーグ陥落から即復帰を果たしました。
2期連続4回目のリーグに臨みます。

なお、棋聖戦Sリーグ、本因坊戦リーグに在籍中の余八段は、名人戦リーグを加えて自身初となる同時期での三大リーグ入りを果たしました。
関西棋院では初のトリプルリーガー誕生となります。




ご案内

  • プロ棋戦
  • 棋士紹介
  • 囲碁ネット中継
  • プロの直接始動!指導碁
  • 囲碁文化継承基金
  • 入門講座
  • 会員専用コンテンツ
  • 囲碁大会・イベント
  • ユーチューブ