menu

関西棋院ニュース

関西棋院後援イベント:舞台『点転』公演のお知らせ

お知らせ

関西棋院 後援イベント情報

 舞台『点転』公演決定!
 

演劇ユニット「点々の階」による舞台『点転』が2021年2月大阪にて再公演が決定致しました!!

「点転」は2017年に公演され「関西best act2017年上半期作品部門2位」に選出されるなど、高い評価を獲得した作品です。(元タイトル『・・・』を改題・改作)

作品内では囲碁をモデルにした「点転」と言うゲームが登場。ただし劇中には対局をしている場面は登場せず、登場人物の台詞から、観客はその全貌を推測します。

大阪での公演は2021年2月27日(土)28日(日)3月01日(月)に、会場「スペースコラリオン(大阪市淀川区十三元今里2-5-17)」にて公演予定!
前売券は2021年1月4日20:00より販売開始予定ですので、ぜひ皆さんご来場ください!!

(さらに5月中旬には関東地方でのツアー公演も計画中とのこと!)

その他チケット料金や感染症対策等、詳しい内容は下記HPよりご確認ください。
点々の階HP
点々の階ツイッター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『点転』

-story-
ー肝心なものはいちばん最後にやってくるー
葬儀の後、火葬を待っている間の1時間強の物語。
「点転」という盤上競技の名人で協会の長だった人物の葬儀に、
故人の古い知人の小説家に参列者が次々と本を返しにくる。
故人から生前借りて小説家に返すように頼まれていたという。
混乱している小説家は、さらに、過去に自分が書いた小説と
「点転」との意外な関係について知らされ、ショックを受ける。
故人は何を考えていたのか…。
<盤の大きさに規定がない>点転という競技、<ピンポイントな読者>にしか意味のない小説を巡る、
勝つこと負けること始まること終わらせること希望と絶望とその先の物語。

-Written and directed by-
脚本・演出:久野那美

-CAST-
七井悠(劇団飛び道具)
佐々木峻一(努力クラブ)
三田村啓示
新免わこ
大西智子(あなざーわーくす)
田村千明三段(関西棋院)※声の出演

-STAFF-
舞台監督:中西隆雄 / 照明:葛西健一 /  音響:合田加代(結音) / 美術:竹腰かなこ / 
演出助手:湊游(劇的☆爽快人間) 田宮ヨシノリ
制作:竹内桃子(匿名劇壇) 若旦那家康(コトリ会議)/ 
大阪公演当日運営:三坂恵美(合同会社Booster)

スチール写真撮影:beni taeko
宣伝美術:小泉しゅん(Awesome Balance)
撮影:竹崎博人(flat box)
主催:階

企画・制作:点々の階
助成:芸術文化振興基金・大阪市助成事業(大阪公演)
後援:関西棋院


大阪公演会場:スペースコラリオン




ご案内

  • プロ棋戦
  • 棋士紹介
  • 囲碁ネット中継
  • プロの直接始動!指導碁
  • 囲碁文化継承基金
  • 入門講座
  • 会員専用コンテンツ
  • 囲碁大会・イベント
  • ユーチューブ