menu

関西棋院ニュース

プロ棋士が1000時間考えた問題

未分類

『幻庵』百田尚樹(著)で紹介された『発陽論』の問題です。

黒先。結果は?

問題図

問題の焦点すら分からない難問ですが、右下から始まった戦いが全局に広がっていきます。

解答は下記『わくわく囲碁の村』のブログでご紹介しています。

 
『発陽論・1000時間考える問題』

※この解答は『幻庵-勝手にこぼれ話』と題した

サイドストーリー内で展開中。


インストラクター規定細則改訂

未分類

一般財団法人関西棋院インストラクター規定細則が改訂されました
改訂内容はこちら


囲碁サロン訪問

未分類

囲碁サロン心斎橋

訪問してきました。美人姉妹にお迎えして頂きました。

%e5%bf%83%e6%96%8e%e6%a9%8b%ef%bc%91

明るい店内です。


『囲碁関西』がお求めやすくなりました。

未分類

『わくわく囲碁の村』で囲碁関西の年間購読のお申し込みができるようになりました。

%e5%9b%b2%e7%a2%81%e9%96%a2%e8%a5%bf

同サイト(お楽しみ館)でご購入いただくと(お得館)が90日間閲覧可能になります。

現在の(お得館)には次のコンテンツがあります。
・『布石感覚 五段 検定』
・『昭和の碁』
・『棋士随筆』
・『囲碁関西』配布
・『私の勉強』
・関西棋院の『過去棋譜見放題』

※今後も続々追加予定。

『わくわく囲碁の村』のご登録は無料です。

 

 


第41期棋聖戦七番勝負の日程、開催地発表

未分類

第41期棋聖戦七番勝負の日程および開催地が決まりました。
主催者の読売新聞社と日本棋院、関西棋院が開催地を公募し、
囲碁を通じた地域文化振興や話題性などを考慮して、
以下の会場を決定しました。

■第41期棋聖戦七番勝負 日程・対局場
2017年(平成29年)
第1局 1月14日(土)・15日(日)さぎの湯荘(島根県安来市)
第2局 1月22日(日)・23日(月)笹乃家(熊本県菊池市)
第3局 2月 8日(水)・ 9日(木)料亭 山屋(埼玉県川越市)
第4局 2月15日(水)・16日(木)玉樟園新井(静岡県伊豆市)
第5局 3月 1日(水)・ 2日(木)常磐ホテル(山梨県甲府市)
第6局 3月 9日(木)・10日(金)温泉御宿龍言(新潟県南魚沼市)
第7局 3月15日(水)・16日(木)ホテル花月園(神奈川県箱根町)

挑戦者は11月14日の挑戦者決定戦第2局において、
河野臨九段に決定しました。
《対局者》保持者:井山裕太棋聖(六冠)挑戦者:河野臨九段

井山棋聖の5連覇となるか、あるいは河野九段の棋聖奪取となるか
熱い戦いが年明け早々に始まります。ご期待ください。

主催:読売新聞社、日本棋院、関西棋院


第42期名人リーグに関西棋院勢3名!!!

未分類

先週11月10日行われた第42期名人戦最終予選、
余正麒七段と平田智也七段の対局結果は余正麒七段の
白番半目勝ちとなりました。
余正麒七段は初の名人リーグ入りとなりました。

この結果、第42期名人リーグには残留の村川大介八段、
11月3日に復帰を決めた坂井秀至八段と
今回の余正麒七段と3名が在籍することとなりました。
名人リーグに関西棋院勢が3名在籍するのは第38期リーグ以来です。
(第38期は結城、坂井、村川の3名)

42期の名人リーグには井山6冠も在籍し、激戦必至です。
3人の活躍に期待とともに、応援よろしくお願いいたします。


欧米棋士との交流戦の模様

未分類

本日11月4日、産経プロアマトーナメント戦予選
にも出場した4名の外国人棋士と関西棋院棋士との
交流対抗戦が行われています。

cimg3467
Artem Kachanovuskyi アーテム・カチャノプスキー初段 
(対局相手は八幡直樹初段

cimg3463
Mateusz Surma マテウス・スルマ初段 
(対局相手は田口美星初段

容量の関係で写真は2枚だけとなってしまいました。
エリック・ルイ初段とガンシェン・シ初段も参加しています。

なお、この交流戦は囲碁関西でもレポート予定です。
お楽しみに。


坂井秀至八段 名人リーグ復帰

未分類

7冠の一角が崩れたニュースで、もちきりではありますが、
関西棋院から明るいニュースを1点。
昨日行われた第42期名人戦最終予選、坂井秀至八段と内田修平七段の
対局結果は坂井八段が黒番半目勝ちとなりました。

坂井八段は第38期以来4期ぶりの名人リーグ復帰となりました。
リーグでの活躍に期待しましょう。

来週10日には我らが余正麒七段と平田智也七段の名人リーグ入りを
かけた対局が日本棋院で行われます。こちらもお楽しみに。


中日新聞に関西棋院創設の頃の記事が出ました

未分類

10月25日の夕刊に、日本棋院から

関西棋院が独立したころの記事が出ました。

中京圏の方にも関西棋院のことを知っていただけると

嬉しい気持ちです。


「ケーブルテレビ杯ネット囲碁選手権大会」出場者募集のお知らせ

未分類

囲碁・将棋チャンネルなどが主催する『第15回囲碁アマチュア竜星戦』(関西棋院後援)の予選「ケーブルテレビ杯ネット囲碁選手権大会」が、以下の概要で開催されます。10月末まで出場者を募集しておりますのでみなさま奮ってお申込ください。

■開催日程
【本戦】2016年11月5日(土)

■対局場
インターネット囲碁サロン「パンダネット」大会専用ルーム
※ネット対局となりますので、ご自宅でインターネットに接続されたパソコンをご利用頂いてのご参加となります。

■競技内容
【アマチュア竜星戦代表選抜戦】
 ※パンダネット「アマチュア竜星戦代表選抜戦」専用ルームで参加者をランダムに4組に分け、それぞれトーナメントを実施。各組の優勝者計4名が『第15回囲碁アマチュア竜星戦』全国大会(2016年11月26日、27日開催)へ進出となります。
 ※オール互先、先番6目半コミ出し。
 ※『第15回囲碁アマチュア竜星戦』全国大会決勝戦進出の2名は、2017年5月開始予定の『第27期竜星戦』予選出場権を獲得します。

■参加資格
大会参加ケーブル局一覧の、いずれかのケーブルテレビ局のCS多チャンネルサービスご加入者(囲碁・将棋チャンネルがご加入局を通じて視聴できる環境にある方)またはそのご家族。

■参加費用
無料

■入賞賞品(本戦トーナメント各組)
優 勝:6,000円相当カタログギフト
準優勝:4,000円相当カタログギフト
第三位:2,000円相当カタログギフト ※2名

■応募期間
2016年9月1日(木)~10月31日(月)

■応募方法
大会参加ケーブル局一覧の、いずれかのケーブルテレビ局のCS多チャンネルサービスご加入者(囲碁・将棋チャンネルがご加入局を通じて視聴できる環境にある方)またはそのご家族は、該当局へ直接お問い合わせください。ご加入状況を確認させて頂いた後、局より大会専用ページをご案内致します。

■大会に関するお問い合わせ先
囲碁・将棋チャンネル 囲碁アマチュア竜星戦事務局:03-3511-1990(平日9:30~18:30)


« 古い記事