menu

関西棋院ニュース

プロ棋士が1000時間考えた問題

囲碁の村

『幻庵』百田尚樹(著)で紹介された『発陽論』の問題です。

黒先。結果は?

問題の焦点すら分からない難問ですが、右下から始まった戦いが全局に広がっていきます。

問題図

解答はこちら  『発陽論・1000時間考える問題』

 223

※この解答は『幻庵-勝手にこぼれ話』と題した

サイドストーリー内で展開中。