menu

関西棋院支部規定

第1章
(総則)
第1条 関西棋院支部(以下支部という)は、関西棋院(以下本院という)の発展と囲碁の普及に貢献すると共に、会員相互の棋力向上と親睦を図ることを目的とする。
第2章
(構成と設立)
第2条 支部は、原則として15名以上の会員をもって構成する。
第3条 支部は、事務所を定め、支部長1名、幹事・会計など役員を若干名おく。
第4条 支部は設立に際して「支部認可申請書」と次の書類及び金額を添えて本院に申込み、本院の承認を得る。
  1. 役員・会員名簿
  2. 支部年会費(55,000円)
  3. 「囲碁関西」購読料(年間購読料×会員数)
第5条 支部認可決定と同時に、本院より「支部認可証」を送付する。
第3章
(事業)
第6条 支部は、本院と協力して支部活動を行う。
第7条 支部は、第1条の目的を達成するために、囲碁大会の開催、段級位の確立、会員の棋力向上、初心者の開拓、会員の維持・増加、棋塔の招聘、その他必要な事業を行う。
第4章
(特典)
第8条
  1. 支部長は、四段以下の免状を申請することができる。また五段以上は本院専門棋士もしくは地方棋士の認定を得て推薦することができる。
  2. 免状取得の有資格者は、支部の所属会員とする。但し入会と同時、又は支部主催の囲碁大会当日に入会し、規定の成績を収めれば免状取得の資格を得る。
第9条 支部推薦による免状は、支部長の権限により、規定の免状料のほか任意の推薦料を付加することを認め、これを支部運営費にあてることができる。
第10条 支部には、年間(4月1日より翌年3月31日まで)初段2通分まで免状料を無料とする。但し年度内に消化しなかった分は、翌年繰り越しはできない。
第11条 支部推薦により免状を申請する場合、特典以外分は、梱包・送料を本院に納める。
第12条
  1. 支部は、別に定める「支部に対する棋士派遣規定」により、本院棋士の派遣を要請することができる。
  2. 本規定の義務を遵守し、活発な普及活動を行っていると認められた支部に対しては、囲碁関西の冊数に応じて専門棋士の1日無料派遣を実施する。ただし派遣に際しての交通費・宿泊費は実費とする。
第13条 支部は、本院が取扱う図書及び物品の割引き購入ができる。
第14条 支部は、本院主催行事の参加料などは、割引きされる。
第15条 支部の希望により、級免状及び賞状を贈呈する。
第5章
(義務)
第16条 支部長は、支部運営に関する一切の責任を持つ。
第17条 支部は、第2条に定める会員を常時維持しなければならない。
第18条 支部は、年会費として55,000円を前納しなければならない。ただし事情により分割払いも認める(月額5,000円)。
第19条 支部は、「囲碁関西」購読料を前納しなければならない。
第20条 支部は前条までの義務を怠った場合は、特典を利用できない。さらに1年以上義務を怠った場合認可を取消すこともある。
第21条 支部の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとし、年1回その年度の活動状況を本院に報告しなければならない。
第22条 支部は、その所在地又は役員・会員の異動があった場合、本院にその旨を書類にて速やかに届けなければならない。
第23条 支部を解散する場合は、その旨を本院に届け出て承認を得ることを要する。その場合「支部認可証」は本院に返却しなければならない。

(付則)
この規定は昭和62年10月1日より実施する。

関西棋院支部トップに戻る